読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゼロからさきへ

「知りたい!」「面白そう!」「なになに!?」に溢れた毎日

色気について考えてみた

色気がないないと言われ続けた大学時代。 「お前の声すごく綺麗なんだけど……色気がないんだよな」 「そこで振り向いてみ?……ダメだ。全然色気ないんだけど」 「あなた、宗教曲はすごく似合ってるけど、恋の歌はやめた方がいいわ。……まだ色気が足りないみたい…

おかえりなさい「無敵モード」。7年半ぶりに歌うのが楽しかった

先月、300人の方の前で歌う機会がありました。 声楽家2人で1時間のコンサートです。 昔の私なら、その機会を喜ぶと同時に恐れていたでしょう。 大学生の頃、私は「歌うの好き! 大好き!」という気持ちと同時に「どうせ失敗するんだ! 歌うの怖い!」という…

突破力は「いつもの環境」の外からやってくる

私はクラシック畑の人間です。 小さい頃からリトミックというクラシックの音楽教育を受け、中学校で合唱を始め、大学で声楽を学びました。大学卒業後の歌ったり指導したりする機会もほとんどがクラシックです。 しかし、年に数度くらいの頻度で特殊なレコー…

合唱人の「合わせ力」

先日、ひさーしぶりにアンサンブルをしました。 とあるレコーディングのために急遽召集された活動時間6時間のアンサンブル。お役目はとある曲の参考音源の作成。 男女10名が……もとからの知り合い同士も、初めまして同士も集まって無伴奏混声合唱曲集を歌いま…

イメージ戦法はパフォーマンス向上に効果的。「坊主」が飛び交うレコーディング会場

「ねえ、わたし、坊主になれてる?」 「いや、もうちょっといける気がします!」 いつもお世話になっているレコーディングは、ときどきこんな雰囲気です。 これは、ディレクションとして他の方のレコーディングに立ち会っていた時のことです。 私は、OKテイ…

マジャール語を喋れるわけじゃないけど歌い方をお伝えしてきた

とある混声合唱にお邪魔しました。もう長いお付き合いになる合唱団で、アンサンブルと発語についてときどきお伝えしています。この日の曲はマジャール語の曲。 ……マジャール語って、ご存知ですか? 合唱の「ガチ勢」でないと聞いたこともない! どころか1回…