読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゼロからさきへ

「知りたい!」「面白そう!」「なになに!?」に溢れた毎日

1万人が梨を見つめる光景:ふなっしーは死角のない努力の人

f:id:edausagi:20160824233540j:plain

「中居くん、ふなっしー武井壮

 

好きな芸能人は誰? と聞かれれば私は決まってこう答えます。

 


この3人が好きな理由は、その生き方に尊敬を覚えるから。

3人とも「物量・環境・方略」すべてにこだわる人なのです。

 

価値観は「物量・環境・方略」の3つしかないけどこの3つをあわせ持つ人は少ない

この「物量・環境・方略」というのは「3つの価値観」と呼ばれるもの。

技術を磨きたい! と思ったときや、問題にぶつかったときの解決策にどんな手段を選ぶかは3パターンに大別されるという考え方です。

 

回数重ねよう! と思うなら「物量主義」

たとえばお料理を失敗したときに「慣れが足りなかった!」というかんじ。

 

自分のいる環境を変えよう! と思うなら「環境主義」

たとえばお料理を失敗したときに「お料理教室に通おう!」というかんじ。

 

方法を変えよう! と思うなら「方略主義」

たとえばお料理を失敗したときに「やり方が良くなかった!」というかんじ。

 


この概念に出会った本では、ほとんどの人がこの3つの価値観のうち1つに偏っていると書かれていました。

3つの価値観を併せ持つ人はたったの2%で、結果的に大成功するタイプだと。
その本にはイチロー選手や浅田真央選手が例に挙げられていましたが、私には中居くんも、ふなっしーも、武井壮もこの2%の人なのだろうなと思えるのです。

 

「自分を高めるための方法を探究し、自分が身を置く環境にこだわり、それを習慣化するために回数を重ねる」タイプの人だなって。

 

中居くんも、ふなっしーも、武井壮も3つの価値観を持つ人

中居くんがノートをつけているというお話。

武井壮毎晩の2時間を自分にプレゼントすることを大切にしているというお話。

 

ふなっしーは具体的なエピソードこそ浮かびません(というか努力を表にださないようにしている?)が、そのお話の仕方や内容を聞くに、天才肌というよりはお勉強家なのではないかと思うところがあります。

 

彼らの、世の多くの人にとって「凄い」ことを、一つひとつ自分にとっての「当たり前」にしていくような生き方に尊敬を覚えます。

 

 

そんな、ふなっしーのライブに行ってきました♪

 

zerokarasaki.hatenablog.com 

 

zerokarasaki.hatenablog.com